私のママ友の中には、いつも5人でつるんでいる人たちがいます。

とっても面白くていい人たちで、私も仲良くさせてもらっています。

ただ、去年まで仕事も忙しくて、なかなか同じ歩調では遊べませんでした。

そしたら、いつの間にやらあまり誘われなくなり…ようはグループから外されてしまいました(+_+)

もともと昔から友達とトイレに行くタイプでもなく、一人でランチとか普通にできるタイプなので、ママになって初めて女のつるむってゆう世界を知ったように思います。

実際、忙しくなかったら四六時中その人たちと一緒にいられたかというと…やっぱり無理です。自分一人の世界も大切な私(^▽^;)

こんな感じでマイペースにやっていると、意地悪とか嫌われたとかでもなく(多分)、自然とグループから外されるものなんだと分かりました(^▽^;)

何より、その中のある人から学んだこと。この方、何があっても友達の付き合いを優先します。それ程体力的にタフでもなく、結構忙しくしていても、その仲間から飲み会やお出かけのお誘いがあると、どうにかスケジュールを調整して行っています。個人的には仲が良いのでよく話をするのですが、自分でも「仲間外れにされるのは絶対に嫌だから、何としてでも行く。誘いを何度か断ったら誘ってもらえなくなる。一人は嫌。」と言います。ちなみに、私がショッピングモールに一人で行くと普通に話したら、めちゃくちゃ驚かれました。そのことに私はめちゃくちゃ驚いたけど。

グループを大切にするママの心理ってこんな感じなのかと学びました。

で、私はというと、それぞれ個人的な付き合いはあるものの、グループのお誘いはほとんどなくなってしまいました(^▽^;)仕方ないとは分かっているものの、正直傷つくこともあります。こうゆう気持ちも初めてです。ややこしいのが、子供がらみな時です。夏休みとか振替休日なんかに、子供連れでその仲間が出かけるなんてことを子供が知ると、「僕、誘ってもらえなった」と泣いています。以前は私の仕事が今より忙しくて、一緒に行くことができず、度々断っていたんです。その人たちも忙しい私に気を使って私には言わなかったようですが、子供はそんなこと分からないから、「明日〇〇たちと〇〇行くんだ~」なんて友達から聞いて落ち込むといった感じです。子供ではありますが、事情を説明して、「あなたが嫌われてるからとかではないんだよ」と話しています。

今は少し時間ができたけど、時すでに遅しでメインメンバーから外されたまま、出来上がっている結束力の強いその輪の中には今更当然入っていくこともできず(-_-;)

グループから外されないように一生懸命な人を横で見ていると、やっぱりグループに居続けるのも努力の賜物なんだと思いました。私はそこをサボっていたわけだから、仕方ないわけです。

ただ、こんなことも思いました。親同士が仲がいいからといって、子供同士の馬が合っているかといえばそうとも限らないということです。実際、このグループの一人の子と息子は親友といえるくらい仲良しで、放課後もしょっちゅう遊んでいますが、それ以外の子はそれ程でもありません。その男の子も、他の子のことはあまり好きでないと私にポロっと話すことがあります。

今も昔も(?)変わらぬママ友問題!?フルタイムで仕事をしていれば知らずに通り過ぎたんだろうな。ちょっと時間ができたもんだから垣間見てしまいました。でも、やっぱり、自分の都合や好みを曲げてまでママ友と一緒っていう世界は、私には無理みたい(^▽^;)